社員紹介

入社から3年で
マネジメントを任されています。

一言メッセージ

テイルに入社したきっかけは、
学生時代の恩師の紹介でした。

萬木智也

濃密な3年間で急成長できました。

今年で入社4年目を迎えますが、新店舗の立ち上げに携わったり、店長として店舗運営の経験をさせていただいたり、社員や高校生アルバイトのマネジメントをしたりと、あっという間の3年間でした。
各店舗ともに営業時間も違いますし、お客様はもちろんスタッフも違います。そんな中でいろいろな経験を積み、外食産業の奥深さを知ることができました。

自分一人では何もできない。

店長を任されるようになって感じたのは、仕事は一人ではできないということです。
店舗を運営していく上ではスタッフみんなの協力が必要です。
一人ひとりの気持ちを考えコミュニケーションを取り、仕事のやりがいや、おもしろさに気づいてもらう。それが店長に求められていることだと思っています。
私は、口で言うより、自分の働く姿を見せることで伝えてきました。そうしたら自然とみんながついてきてくれるようになり、自分が大変な時も助けてもらえるようになったんです。
みんなで一つのチームになり、お客様に喜んでいただく。これが、仕事のやりがいです。

がんばりをしっかり評価してくれる会社。

テイルには、がんばりを評価してくれる上司や社長がいます。
人事評価制度が整っているので、がんばったのにお給料が上がらなくてがっかり…、ということがありません。
全社員が集まって、お給料が上がる仕組みを勉強する研修も定期的に行ってくれます。
店長を任せていただいているということもあり、周りの同級生と比べてもお給料は多くいただいていると思います。
日々の生活をするだけでお給料がなくなってしまうと、休みの日もだらだらと過ごしてしまうと思いますが、旅行に行けたり、親と一緒に食事に行ってご馳走してあげたりと、有意義なお金の使い方ができていると思います。
もっともっと、周りの人に喜んでもらえるように、頑張っていきたいと思います。